アイピルによる副作用

アイピルによる副作用

アイピルは緊急避妊薬(アフターピル)の一種で、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。
インドで開発されて発売されてから、世界中の女性の事後避妊を支えてきました。

アイピルの効果は高い評価を得ており、72時間以内の服用で75%、24時間以内で95%の確率で妊娠を阻止します。
一方で、医薬品であるためにやはり副作用のリスクも少なからずあります。

一般的にアフターピルというものは低用量ピルと同じ有効成分なのですが、違いはホルモン量です。
アフターピルはホルモン量が多いために、低用量ピルに比べて副作用が起きやすいとされています。

とはいっても、誰にでも副作用が起きやすいというわけではなく、稀なケースです。

アイピルの副作用の中には吐き気や嘔吐、頭痛、倦怠感、不眠などがありますが、どれもほとんどの場合は24時間以内には治まります。

稀に服用後2時間以内に嘔吐してしまうことがありますが、この場合は薬の成分が十分に吸収されていない可能性があるため、再度服用する必要があるのです。

アイピル服用後にひどい吐き気にさいなまれた場合は、吐き止めのお薬を飲むことをおススメします。
アイピルと吐き止めは同時に飲んでも問題ありません。

アイピルは通販サイトで購入するのが便利です。
通販サイトで購入する際におススメしたいのが、1度の買いもので複数のアイピルを購入することです。

嘔吐などで再度服用しなければいけない時に、予備のアフターピルがないと困るでしょう。
そのようなトラブルを防ぐために、ぜひアイピルを複数用意しておくようにしましょう。

アイピルは1つ1,000~2,000円程度で販売されており、まとめ買いでさらに安くなることが多いので、オススメです。