アイピルはどのように妊娠を防ぐのか

アイピルはどのように妊娠を防ぐのか

アイピルは緊急避妊薬(アフターピル)のひとつで、避妊に失敗したセックスの後72時間以内に飲めば高い確率で避妊ができるものです。

アイピルには2つの女性ホルモンが含まれており、それぞれが作用することで妊娠を防いでいるのです。
では、具体的にどのようにして妊娠を回避しているのでしょうか。

アイピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれています。
卵胞ホルモンは排卵期に多く分泌されるホルモンで、排卵を促します。

黄体ホルモンは生理の前に多く分泌されるホルモンで、卵子が受精して着床する場合に備えて子宮内膜を厚くします。

アイピルにはこの2つのホルモンが含まれており、アイピルを服用すると人工的に体内のホルモンバランスが調節されます。
すると脳が妊娠していると勘違いして、排卵を抑制したり、子宮内膜が厚くなるのを防ぐのです。

アイピルをセックスから72時間以内に飲むと、これらの作用が働いて75%以上の確率で避妊に成功します。
避妊が成功すると3週間以内に生理のような出血が現れます。

アイピルは飲むまでの時間が早ければ早いほど避妊成功率が高まり、24時間以内の服用であれば95%の確率で避妊に成功するのです。

このように、アイピルは体内のホルモンを調整することで脳に妊娠したと錯覚させ、排卵や受精卵の着床を抑制します。

アイピルは効果が高いことで人気のアフターピルですが、通販サイトでは1,000~2,000円と比較的安い値段で販売されています。

お求めやすい価格なので、1度の購入で複数購入してもしもの時のために備えておくと良いでしょう。
まとめ買いだと割引が適用されて、1個当たりの値段がさらに安くなったり、送料が無料になることがあります。